サイトマップ
分譲型太陽光発電のおすすめ業者ナビ

おしえて!土地付き・分譲型太陽光発電の売買のすべて 

HOME » 太陽光発電の中古買取を検討する人に » 売却先について

売却先について

ここでは、太陽光発電売の売却先や、設備却成立までの流れ・手順について説明しています。

どうするの?太陽光発電の売却

太陽光発電を設置したものの、「太陽光発電が不要になった」「まとまった資金が必要になった」などの事情があって、「設備を売却したい」と考える人もいらっしゃるでしょう。

すると、「そうはいっても太陽光発電って、どこに売却すれでいいの?」という疑問が浮かんできます。

中古衣料ならリサイクルショップ、土地・家屋なら不動産屋に行けばいいのですが、太陽光発電の場合はどこに売却・資金化すればいいのでしょうか。

実は、太陽光発電には売却希望者と購入希望者とをマッチングさせる、仲介業者がいます。

この仲介サービス業者をとおして売却する方法と、もしくは買取サービスのどちらかを利用するのが主流です。

太陽光発電の購入希望者は、いくらくらいの利益が生まれるか、利回りはどれくらいかなどを考えて購入価格を判断します。

そうしたことを鑑みると、すでに実績のある中古太陽光発電は有利。採算性が高ければ、相場以上での売却も期待できるでしょう。

太陽光発電設備の売却に関する詳しいことはこちらのサイトをチェック!

手持ちの太陽光発電所の価値は目減りしている?高値で売却するために

仲介と買取の違い

では、仲介と買取の違いについて少し詳しくみていきたいと思います。

業態\特徴 メリット デメリット
仲介 ■相場価格で資金化しやすい
■自分で売却先を探す労力が不要
■多くの希望者から売却先を選べる
■契約成立までに時間がかかる
■業者の仲介能力次第
買取 ■確実に買い取ってもらえる
■売却までに時間がかからない
■複数の希望者と交渉の必要がない
■相場価格よりも低い場合も
■売却先の選択肢がない

仲介は、仲介サービス業者が売却希望者の代わりに購入希望者をマッチングしてくれる業態。仲介業者が発電設備を買い取ることはありません。

間に業者を通してやりとりをするため、売買成立・資金化までには時間を要するものの、相場価格で売れる確率が高くなるのが特徴。

対して買取は、業者が直接設備を購入してくれる業態。即、資金化できる半面、相場価格よりも低く買いたたかれるリスクもあります。

いずれにしても、太陽光発電設備の売却は高額の取引となります。

設備の将来性や現状の契約など、高度な知識も必要な上、法的に未整備な部分が多いことも否めません。

まずは専門業者などに相談し、どのような売却先、方法がいちばん良いのかを決めるといいでしょう。

分譲型太陽光発電の販売
会社お薦め3社

クラベール

クラベール公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●購入・売却仲介までワンストップ対応
●実績豊富で、スタッフの提案力も◎
●口コミでは高品質・低価格と評判
公式サイトで詳しく>>

リンクス

リンクス公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●太陽光設計士のコンサルタントが在籍
●会計士やFPと連携して投資を支援
●中立的な立場からの丁寧な助言に定評
公式サイトで詳しく>>

ソルセル

ソルセル公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●関連会社にパネルメーカーがある
●独自ルートから豊富な物件を用意
●会員登録すれば非公開情報を随時配信
公式サイトで詳しく>>