サイトマップ
分譲型太陽光発電のおすすめ業者ナビ

おしえて!土地付き・分譲型太陽光発電の売買のすべて 

HOME » 太陽光発電の中古買取を検討する人に » 査定額の決まり方

査定額の決まり方

このページでは、太陽光発電の売却・買取で知っておきたい知識のうち、査定についての情報をまとめています。

ここをチェック・太陽光発電の査定

2009年に太陽光発電の余剰電力買取が開始してから、全国各地で太陽光発電設備数が急増。

以降、太陽光発電設備の売買も盛んになりました。

では、実際の売買においてはどのような点が査定され、売却・買取価格に反映されているのでしょうか。

それは、下記のようなポイントをチェックし、査定されます。

■査定でのチェックポイント

  • チェックリストの画像影となるリスクの有無は?
  • パネルの角度は?
  • パネルの清掃状態は?
  • パネル冷却方法は?
  • 送電時のロス率は?
  • セル割れしていない?
  • 幹線の太さは適性?
  • DCケーブルの距離は妥当?
  • パワコン・キュービクルの距離は?
  • ジャンクションボックスの迂回状況は?
  • ケーブルの埋設の有無は?
  • ホットスポット現象は?

チェックポイントに不備や異常の数が多いほど査定額は下がっていきますし、ひとつも問題がなければ満額回答を得られやすくなります。

注意しておきたいのが、セル割れが原因の電流経路の部分断線、セル同士の接合部分の欠陥が原因の断線不良、バックシート・封止材・フレームなどの劣化による傷み。

これらは特にありがちな不具合・劣化で、放っておくと発電効率もどんどん下がっていきます。

また、セル破損の大きな要因ともなる、ホットスポット現象も査定額を下げる原因です。

ホットスポット現象を引き起こすような、落ち葉や鳥の糞、ゴミなどは小まめに除去できる体制を整えてください。

約17%のパネルに不具合発生?

ある研究調査によると、ソーラーパネルの不具合発生率は16.9%(NEDO新エネルギー・産業技術総合開発機構の太陽光発電システム評価技術研究会)。設置から時間が経てば経つほど、その数値は高くなります。

経年劣化などによる発電量低下は、どうしても避けられません。

そのため、太陽光発電の寿命を延ばし、いかに高い査定額を維持できるかどうかは、定期的なメンテナンス・管理がとても重要なのです。

「メンテナンス費用をケチったばかりに、あまりに低い売却査定に愕然とした」というもの、決してめずらしい話ではありません。

常日頃から専門業者に委託・依頼するなど、設備のチェック・点検を欠かさないようにすることをおすすめします。

分譲型太陽光発電の販売
会社お薦め3社

クラベール

クラベール公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●購入・売却仲介までワンストップ対応
●実績豊富で、スタッフの提案力も◎
●口コミでは高品質・低価格と評判
公式サイトで詳しく>>

リンクス

リンクス公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●太陽光設計士のコンサルタントが在籍
●会計士やFPと連携して投資を支援
●中立的な立場からの丁寧な助言に定評
公式サイトで詳しく>>

ソルセル

ソルセル公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●関連会社にパネルメーカーがある
●独自ルートから豊富な物件を用意
●会員登録すれば非公開情報を随時配信
公式サイトで詳しく>>