サイトマップ
分譲型太陽光発電のおすすめ業者ナビ

おしえて!土地付き・分譲型太陽光発電の売買のすべて 

HOME » 何をどうする?太陽光発電のメンテナンス » パワーコンディショナー

パワーコンディショナー

太陽光発電のメンテナンスにおいて知っておきたい知識のうち、このページではパワーコンディショナーについてまとめています。

太陽光発電の頭脳・パワーコンディショナー

国内で一般的に利用されている電力は、100vの交流電流

ですが、ソーラーパネルで発電される電力は直流電流なので、そのままでは利用できません。

その直流電流を交流電流にして家庭でも使えるように変換する役割をもつのが、パワーコンディショナーです。

パワーコンディショナーの電流変換効率が高ければ高いほど、パネルで発電した電力を効率よく使用することができます。

通常、電流交換時にパワーロスが生じるため変換効率は95%前後といわれています。

また、パワーコンディショナー自体が発電量を左右するようなことはありませんが、「コンディショナー」の名がつくように、電圧・電量の状態を安定化させる役割も。

天候・気候によって、ソーラーパネルが発電する電圧・電量は違います。パワーコンディショナーは、そのときどきでパネルからバラバラに送られてくる電圧・電量を、最適な状態にし最大限のパワーで使用できるようにしている、ということ。

パワーコンディショナーが、常に自動制御してくれているおかげで、わたしたちは気がねなく太陽光発電の電気を使えるのです。

さらには、事故を防ぐための系統連系保護機能も持ちあわせています。

もしもパワーコンディショナーにトラブルがおきた場合、パワーコンディショナー自体の出力を遮断。周波数の異常、過電圧・不足電圧、系統電力の停電などがおきたとしても、系統連系保護機能が作動して太陽光発電の電気系統や家電製品を保護します。

まさに太陽光発電の頭脳、といったところでしょうか。

パワーコンディショナーの注意点

このように、さまざまな機能・役割を持ちあわせるパワーコンディショナーだけに、構造も精密化されて、太陽光発電のなかでもっとも故障に見舞われやすい部分でもあります。

メンテナンスにおいては、運転音、最大定格出力などに注意してください。

基本的にパネルが発電しない夜間は作動しませんが、もし夜間に運転音がするようなら故障かもしれません。日中でも「いつもより運転音が大きい」という場合も要注意です。

パネルを増設したり、交換して別の機種にしたりするときは、最大定格出力を確認。最大定格出力とはパワーコンディショナーの出力可能な電力の最大値で、太陽光パネルの最大出力がこれを超えると故障の原因となります。

太陽光発電のなかでもいちばん専門知識・技能が必要なパーツですので、可能な限りのメンテナンスを心がけるとともに、なにかあればすぐに業者にみてもらってください。

分譲型太陽光発電の販売
会社お薦め3社

クラベール

クラベール公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●購入・売却仲介までワンストップ対応
●実績豊富で、スタッフの提案力も◎
●口コミでは高品質・低価格と評判
公式サイトで詳しく>>

リンクス

リンクス公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●太陽光設計士のコンサルタントが在籍
●会計士やFPと連携して投資を支援
●中立的な立場からの丁寧な助言に定評
公式サイトで詳しく>>

ソルセル

ソルセル公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●関連会社にパネルメーカーがある
●独自ルートから豊富な物件を用意
●会員登録すれば非公開情報を随時配信
公式サイトで詳しく>>