サイトマップ
分譲型太陽光発電のおすすめ業者ナビ

おしえて!土地付き・分譲型太陽光発電の売買のすべて 

HOME » 何をどうする?太陽光発電のメンテナンス

何をどうする?太陽光発電のメンテナンス

ここでは、太陽光発電のメンテナンスとパーツについて説明していきます。

太陽光発電のメンテナンスを知る

メンテナンスの画像太陽光発電は、おもにパワーコンディショナー、ソーラーパネル(太陽光モジュール)、架台の組み合わせで成り立っています。

この3つのいずれの機能がかけても、太陽光発電のポテンシャルを十分に生かすことはできません。

パワーコンディショナーはパネルの性能を引き出すもっとも緻密なパーツであり、パネルの性能は発電量そのものを左右します。一見、地味な役回りの架台も、その実、パネルの発電効率に影響を与える重要な役目をもっています。

それだけに、各パーツのメンテナンスもおろそかにできないのです。

ですが、メンテナンスといっても相手は精密機器。手入れや、修理ともなると高度な知識や技術も必要です。

ましてや、大型太陽光発電設備で何十枚、何百枚と設置していれば、管理・メンテナンスを素人がこなすは至難のわざ。

太陽光発電を専業としているケースでもない限り、すべての設備も完璧にメンテナンスするのは厳しいでしょう。

しかし現在では、多くの分譲物件でメンテナンスはセットになって販売されていますので、その点では安心です。

わずらわしいメンテナンスも業者が管理してくれるため、わたしたちは報告をチェックするだけで済みます。

「削れる出費は削れるだけ削る」「経費削減でメンテナンスは自分でやる」といって、のちのち痛い目をみるよりは、専門家である業者にはじめから任せておいたほうが結果的に安くつくのではないでしょうか。

メンテナンスの重要性や注意点については「長期的に利益を得るための太陽光発電投資ガイド」で詳しく掲載しています。

メンテナンスにかかる費用は?

メンテナンスがセットになっている商品の中には、無料なものもあります。

無料とはいっても、そのぶんの料金が販売価格に含まれていることもあるので、一概に有料だからダメということではありません。

有料の場合は、だいたい1回1~2万円

とはいっても、専門家によるメンテナンスなので頻度は4年に1回ほどです。逆にめったやたらにメンテナンスをして、そのたびに費用を請求してくる業者は考えもの。

故障の多いパワーコンディショナーは、10年1回ほどの修理があると仮定しておいたほうがいいでしょう。約10万円が相場です。

メーターも同じく10年に1度くらい修理が必要となるかもしれませんが、こちらは1万円ほど。

つまり、向こう20年で11万円+数回の定期メンテナンス代数万円がメンテナンスにかかる費用といえます。

1年あたり1万円程度の予算をみておけばいい計算となります。

分譲型太陽光発電の販売
会社お薦め3社

クラベール

クラベール公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●購入・売却仲介までワンストップ対応
●実績豊富で、スタッフの提案力も◎
●口コミでは高品質・低価格と評判
公式サイトで詳しく>>

リンクス

リンクス公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●太陽光設計士のコンサルタントが在籍
●会計士やFPと連携して投資を支援
●中立的な立場からの丁寧な助言に定評
公式サイトで詳しく>>

ソルセル

ソルセル公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●関連会社にパネルメーカーがある
●独自ルートから豊富な物件を用意
●会員登録すれば非公開情報を随時配信
公式サイトで詳しく>>