サイトマップ
分譲型太陽光発電のおすすめ業者ナビ

おしえて!土地付き・分譲型太陽光発電の売買のすべて 

HOME » 土地付き太陽光発電を運用するときに知っておきたい事 » 維持費や保証について

維持費や保証について

ここでは、土地つき太陽光発電を運用するときに知っておきたい情報として、維持費や保証について説明しています。

安定した発電に欠かせない維持費

維持費の画像太陽光発電は「設置したらおしまい」、というわけにはいきません。

なかには「太陽光発電はメンテナンスフリーで楽」という人もいますが、鵜呑みにしないこと。運用していくうえでは、維持費が必要となります。

土地つき太陽光発電ともなると、家の屋根に数枚パネルをつけるだけとは事情が違うのです。

仮に、パネルが少し汚れたとします。数枚のパネルだと総発電量や発電効率に大きな影響はありませんが、それが何十枚、何百枚という規模のパネルだと、発電能力は一気に低下してしまいます。

寿命をのばし、安定した電力供給を望むのであれば、決して維持費をないがしろにはしないでください。

たいていの場合、販売業者、もしくは施工業者がメンテナンスと維持管理をあわせて請け負います。

50kWの土地つき太陽光発電を例にあげると、年間で必要な維持費の相場は10万円から20万円ほど。

おもなメンテナンスの内容としては、パネル清掃や草木の伐採、設備の点検、周辺環境の整備などです。

パネルが汚れていればきれいにし、草木で影ができそうなら刈取ります。設備点検も専門知識・技術をもった業者がするので、なにかあってもその場で対処できるのも利点でしょう。

これらを土地つき太陽光発電の規模で、個人でするとなると労力も相当なもの。

その労力と比べれば維持費は決して高いものとはいえません。

保証はあらかじめチェック

メンテナンスなどの維持費のほかに、保証についても確認しておいてください。

万一、太陽光発電に不具合が出てしまった場合や、天災・人災などで故障してしまった場合、無償で対処してくれるのか。

有償の場合なら、有償と無償のボーダーラインはどこなのかを事前にハッキリさせておきましょう。

また、メンテナンスにおいても、手入れや点検・チェックのスパンはどれくらいなのかを確認しておくこと。

有償修理の対象であっても、元来、点検しておくべき時期にしていなかったことが原因なら、無償修理を要求できる材料となります。

いざトラブルが発生したときに、保証やメンテナンスについてはあらかじめ詳細を詰めておくことが重要です。

長期的な視点を持っておく

太陽光発電は永続的な収益元となりえる事業のため、老後の生活資金の担保手段としても広く知られています。維持費が年間でいくらかかるのか、そのための保証をどう整えるのか。長期的な視点からシミュレーションすることが大切です。老後に向けた資産形成をお考えの際は、下記サイトもご確認ください。

老後資金を貯める投資方法【太陽光発電・不動産投資】

分譲型太陽光発電の販売
会社お薦め3社

クラベール

クラベール公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●購入・売却仲介までワンストップ対応
●実績豊富で、スタッフの提案力も◎
●口コミでは高品質・低価格と評判
公式サイトで詳しく>>

リンクス

リンクス公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●太陽光設計士のコンサルタントが在籍
●会計士やFPと連携して投資を支援
●中立的な立場からの丁寧な助言に定評
公式サイトで詳しく>>

ソルセル

ソルセル公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●関連会社にパネルメーカーがある
●独自ルートから豊富な物件を用意
●会員登録すれば非公開情報を随時配信
公式サイトで詳しく>>