サイトマップ
分譲型太陽光発電のおすすめ業者ナビ

おしえて!土地付き・分譲型太陽光発電の売買のすべて 

HOME » 土地付き太陽光発電を運用するときに知っておきたい事 » 導入の流れについて

導入の流れについて

土地付き太陽光発電の運用で知っておきたいことのなかでも、ここでは導入の流れについてまとめています。

分譲型太陽光発電の導入までの手順

  1. まずは、物件の検討からはじめます。販売業者に問い合わせて、メールか郵送で資料を送ってもらいます。
  2. 希望物件が決まったら、物件の詳細な説明を受けます。業者にもよりますが、現地へ実際に確認に行き、導入費用や収益シミュレーション、周囲の環境などをチェックするケースが多いです。
  3. 物件に納得できたら、契約内容を確認の上、購入資金を準備します。もし納得出来ないようなら、予算や要望に見合ったプランを改めて用意してもらいましょう。
  4. 実際に契約が終わったら、管轄官庁や電力会社への売電申請や設置工事が始まります(工事期間の目安は1月前後)。
  5. 工事が完了したら、電力会社と系統連携し、いよいよ売電が開始されます。
  6. 施工会社(またはメンテナンス専門会社)が適宜保守・点検を施し、運用していきます。

知っておきたいパネル角度の豆知識

太陽光発電の設置においては、パネル・架台の角度と土地面積との兼ね合いも重要となります。

もっとも発電効率が高いパネル角度は、30度。しかし、30度だとパネルを4段にした場合は、パネル同士の間隔を5mあけなければいけません。

これを20度にすると3.5m、10度にすると2mと、角度をゆるめればゆるめるほど設置間隔も短くなり、狭いスペースに多くのパネルを設置できます。

もちろん、パネルの枚数が多ければいいというものでもなく、前述のとおり、角度が高いほうが発電効率も高くなります。

太陽光発電の設置にあたっては、土地面積とパネル発電効率がもっとも最大限に発揮される組み合わせを算出することが、とても重要なのです。

設置に関しては、基本的に業者に一任という形なりますが、設置角度によって発電効率が違ってくる、という事実は知っておくとよいでしょう。

限られた土地にいかに効果的に、発電効率の高い方法で設置するかに、運用の成否がかかっているのですから。

分譲型太陽光発電の販売
会社お薦め3社

クラベール

クラベール公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●購入・売却仲介までワンストップ対応
●実績豊富で、スタッフの提案力も◎
●口コミでは高品質・低価格と評判
公式サイトで詳しく>>

リンクス

リンクス公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●太陽光設計士のコンサルタントが在籍
●会計士やFPと連携して投資を支援
●中立的な立場からの丁寧な助言に定評
公式サイトで詳しく>>

ソルセル

ソルセル公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●関連会社にパネルメーカーがある
●独自ルートから豊富な物件を用意
●会員登録すれば非公開情報を随時配信
公式サイトで詳しく>>