サイトマップ
分譲型太陽光発電のおすすめ業者ナビ

おしえて!土地付き・分譲型太陽光発電の売買のすべて 

HOME » 土地付き太陽光発電を運用するときに知っておきたい事 » ローンについて

ローンについて

ここでは、土地付き太陽光発電の運用にかんする知識のうち、ローンについての情報をまとめています。

太陽光発電専用のローン

土地付き太陽光発電を購入するといっても、そのためには多額の資金が必要です。

法人で投資用のまとまった資金があれば話は別ですが、個人をはじめとした多くの場合、ローンを利用しての購入となるでしょう。

ありがたいことに、最近では各金融機関が「ソーラーローン」などの太陽光発電専用のローンを用意してくれています。

資金調達に頭を悩ませる必要もありません。

ローン融資先としては銀行のほか、日本政策金融公庫や信販会社も利用できます。

金融機関別の融資の特徴

利率 融資上限 融資状況
都市銀行 各行で幅が大きい 各行で幅が大きい あまり積極的でない
地方銀行 各行で幅が大きい 各行で幅が大きい 銀行により積極的
日本政策金融公庫 0.5%~2.5% ~7億2,000万円 積極的に融資
信販会社 2.5%~3.0% ~2,000万円 会社により積極的

参照:ソーラーシティジャパン『各金融機関種別ごとの「太陽光発電システム」ご購入資金に対する融資状況』

上記のように、融資状況は各金融機関によって特徴が大きく異なり、同じ銀行でも都銀と地銀、さらには同じ都銀でも銀行によって利率や融資上限がまったく違ってきます。

そんななか、土地付き太陽光発電の融資に積極的なのが、日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は単に日本公庫とも呼ばれ、国民生活金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫を前身とし、2008年に設立された財務省所管の金融機関です。

そのため太陽光発電事業の融資にも積極的であり、融資条件もほかの金融機関よりも比較的ゆるやか。

低金利で高額の融資も受けられることから、日本公庫を利用するケースも年々増えてきています。

ただし、そのぶん融資申込みの競争も激しく、公庫の担当者との面談があるほか、審査に時間を要したり、事業計画の提出を求められる場合があるなどのデメリットも。

「急いでまとまった資金を融資してほしい」という場合は、利用しにくいかもしれません。

それでも低金利、高額融資は魅力ですので、日本政策金融公庫のローンの利用を念頭におくなら、ある程度時間的余裕をもっておきましょう。

分譲型太陽光発電の販売
会社お薦め3社

クラベール

クラベール公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●購入・売却仲介までワンストップ対応
●実績豊富で、スタッフの提案力も◎
●口コミでは高品質・低価格と評判
公式サイトで詳しく>>

リンクス

リンクス公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●太陽光設計士のコンサルタントが在籍
●会計士やFPと連携して投資を支援
●中立的な立場からの丁寧な助言に定評
公式サイトで詳しく>>

ソルセル

ソルセル公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●関連会社にパネルメーカーがある
●独自ルートから豊富な物件を用意
●会員登録すれば非公開情報を随時配信
公式サイトで詳しく>>