サイトマップ
分譲型太陽光発電のおすすめ業者ナビ

おしえて!土地付き・分譲型太陽光発電の売買のすべて 

HOME » 土地付き太陽光発電を運用するときに知っておきたい事 » 賃貸と購入の違い

賃貸と購入の違い

土地付き太陽光発電の運用で知っておきたいこととして、ここでは賃貸と購入の違いについて説明していきます。

賃貸・購入のメリット・デメリットを知る

みなさんご存じでしょうが、土地付き太陽光発電を運用するには、賃貸と購入の2通りの方法があります。

どちらにもそれなりのメリット、デメリットがありますので、まずはそのあたりから見てみましょう。

土地賃料 固定資産税 撤去費用 20年後
賃貸 ×発生する ◎発生しない ◎発生しない※ 応相談
購入 ◎発生しない ×発生する ×発生する 自由

参照:『分譲太陽光発電所メガ発(※業者により異なる)』

おおまかには上記のような違いがあります。購入の場合はもちろん購入費用がかかります。しかし、賃貸費用もまちまちですので、すべて物件で「賃貸のほうが得」「買ったほうが損」とは一概には言えないでしょう。

ですが、一般的には20年先までのランニングコストを含んだ場合、購入よりも賃貸のほうが割安となるケースが多いようです。

固定資産税については、実は賃貸の場合でも太陽光発電システムに対して課税されます。土地については課税されないので、その点は購入に比べると優位かもしれません。

また、賃貸には土地の固定資産税が不要というメリットがある半面、20年後には地主の意向次第でどうなるかわからない不透明さも持ちあわせています。

対して購入は、太陽光発電所としての役割を終えたとしても土地がのこります。

活用法いかんでは、また十分に利益を生んでくれるでしょうし、そのまま売却してしまうのも手です。

ただし、太陽光発電にしか向かないような使い勝手の悪い土地だと、塩漬けになって固定資産税ばかりがかさむことになるリスクも。

土地付き太陽光発電選びのポイント 

このように、土地付き太陽光発電においては、賃貸、購入ともに、決定的な優位点がないのが実情。

むしろ、賃貸か購入かにかかわらず、重要な3つのポイントがあります。

それは、費用、場所、利回り。いわゆる、「CPI」と呼ばれるcost(費用)、place(場所)、interest(利回り)です。

CPIさえ押さえておけば、よほど悪条件の土地付き太陽光発電でない限り、失敗することはないでしょう。

最終的には個人個人のこだわりもあるかもしれませんが、賃貸か購入でこだわるよりも、より成功しやすい物件を選ぶといいのではないでしょうか。

分譲型太陽光発電の販売
会社お薦め3社

クラベール

クラベール公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●購入・売却仲介までワンストップ対応
●実績豊富で、スタッフの提案力も◎
●口コミでは高品質・低価格と評判
公式サイトで詳しく>>

リンクス

リンクス公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●太陽光設計士のコンサルタントが在籍
●会計士やFPと連携して投資を支援
●中立的な立場からの丁寧な助言に定評
公式サイトで詳しく>>

ソルセル

ソルセル公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●関連会社にパネルメーカーがある
●独自ルートから豊富な物件を用意
●会員登録すれば非公開情報を随時配信
公式サイトで詳しく>>