サイトマップ
分譲型太陽光発電のおすすめ業者ナビ

おしえて!土地付き・分譲型太陽光発電の売買のすべて 

HOME » 土地付き太陽光発電を運用するときに知っておきたい事 » 不要になった場合

不要になった場合

このページでは、太陽光発電運用にあたって知っておきたい情報のうち、不要になった場合についてどうすれいいのかなどを紹介しています。

もしも太陽光発電がいらなくなったら?

せっかく太陽光発電を設置しても、諸事情により手放さなくてはいけなくなったり、不要になったりすることもあるでしょう。

ソーラーパネルの画像「未来永劫、太陽光発電を運用していく」という意気込みの方は別ですが、太陽光発電にも寿命はありますし、やがて処分かリサイクルかの道を選ばなければいけないのが現実です。

だからといって、相応の土地に相応の太陽光発電設備が鎮座しているわけですから、おいそれと処分することもできません。

不要になればこれほどわずらわしいものもないでしょう。

生まれたときはかわいくて仕方がなかったのに、いらなくなったら憎くて仕方がない…。盛者必衰、諸行無常、会者定離。それが世知辛い世の常なのです。

では、太陽光発電はどのように処分すればよいのでしょうか。

やはり、もっとも気になるのは処分費用

「産業廃棄物として処分する」という方法もありますが、管理する自治体によって産廃処分費はさまざま。なかにはパネル1枚で1万円というケースもあり、処分に二の足を踏んでしまいます。

民間の業者へ処分委託であれば、1枚当たり3,500円~5,000円ほど。撤去費用や運賃は別途必要となる場合もありますので、事前に確認してください。

売却のタイミングを見計らう

寿命のある太陽光発電は、いずれは処分・廃棄しなければいけない運命にあります。

したがって、購入・設置するときも、処分・廃棄コストまでを含めて採算性を考えなければなりません。

また、ここ数年で太陽光発電設備の設置は爆発的に増えました。つまり、そのぶん何十年後かには大量の太陽光発電が廃棄処分されます。大量のゴミが誕生するわけです。

となると、家庭ゴミの排出を抑制するようにゴミ袋の有料化が普及したように、太陽光発電の処理費用もどうなるかわかりません。

国も太陽光発電の処分方法のガイドラインやリサイクルシステムをまとめており、2018年度から適用開始する予定です。

これらの事案を含めて考えると、20年太陽光発電を運用し続けるよりも、タイミングを見計らって売却してしまうのも有効でしょう。

売却ですから、当然、処分費用もかかりませんし、まとまった資金を手にすることもできます。

限界まで使ったあげく廃棄して処分費用をとられるよりは、賢く売却して利益を得ることも検討してみてください。

分譲型太陽光発電の販売
会社お薦め3社

クラベール

クラベール公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●購入・売却仲介までワンストップ対応
●実績豊富で、スタッフの提案力も◎
●口コミでは高品質・低価格と評判
公式サイトで詳しく>>

リンクス

リンクス公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●太陽光設計士のコンサルタントが在籍
●会計士やFPと連携して投資を支援
●中立的な立場からの丁寧な助言に定評
公式サイトで詳しく>>

ソルセル

ソルセル公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●関連会社にパネルメーカーがある
●独自ルートから豊富な物件を用意
●会員登録すれば非公開情報を随時配信
公式サイトで詳しく>>