サイトマップ
分譲型太陽光発電のおすすめ業者ナビ

おしえて!土地付き・分譲型太陽光発電の売買のすべて 

HOME » 土地付き太陽光発電を運用するときに知っておきたい事

土地付き太陽光発電を運用するときに知っておきたい事

ここでは、土地付き太陽光発電を運用する際、知っておきたいさまざまな情報をまとめています。

土地付き太陽光発電をかしこく運用するために

土地付き太陽光発電の運用にあたっては、知っておかないと損をする情報もいくつかあります。また、知っておくことで得する知識もまたしかりです。

土地を賃貸するか購入するかの違いについて

まず知っておくべきなのは、土地を賃貸するか購入するかの違いについて。

それぞれのメリット・デメリットを知ることで、自分のニーズにはどちらが適しているのかを把握してみてください。

<土地を賃貸する場合>

メリット デメリット
初期投資額を比較的安く抑えられる
土地を持つわけではないため、固定資産税が掛からない
×毎年、土地の賃料を払わなければならない
×場合によっては、賃料が見直される(引き上げられる)可能性もある

<土地を購入する場合>

メリット デメリット
使い道さえ考えていれば、将来的に土地を資産として活用できる
中古販売する際に、かんたんな手続きで終わる
×初期投資額が高くなる
×毎年、固定資産税を支払わなければならない。

他の投資と比べたときの利回りについて

そして、太陽光発電運用においてのキーポイントともなる利回りについても知っておくとよいでしょう。

利回りには表面利回り(想定利回り)と実質利回りとがあり、その算出方法を知っておくと、効率よく発電できる物件を見分けることができます。

ちなみに、太陽光発電の利回りは、株やFX、不動産などの投資商品と比べて、高い傾向にあります。

  土地付き太陽光発電  不動産投資 FX 株式投資
初期投資額 2000万円前後 500万円前後~ 数万円~ 数万円~
利回り目安 7~10%  5~8% -(知識による) -(知識による)

上記は非常に大ざっぱな目安ですが、元手さえあれば、ローリスクで十分な利回りが得られるというのも、太陽光発電の魅力でしょう。

他の投資方法の利回りが知りたい方はこちらのサイトをチェックしてみてください!

資産運用初心者のためのスターターガイド

ローンについて

物件購入については、ローンへの造詣を深めておくことも大切。

どのような金融機関で、どのくらいの金利、どのくらいの上限で融資してくれるのか。高額な買い物となりますから、お金のことに精通しておくことはとても重要です。

<各融資先の特徴>

  • 公的融資(日本政策金融公庫)…運用内容にかんする詳しい書類を求められるため、非常に手間が掛かりますが、2%に満たない金利で融資をしてくれます。
  • 銀行…一般的にどの種類の銀行でも比較的低金利に融資をしてくれます。しかし、銀行は土地付き太陽光発電への融資にあまり積極的ではないため、審査に時間のかかる傾向があります。
  • 信販会社…金利こそ2~4%と高いものの、一番借りやすいのが、信販会社の用意するソーラーローンです。販売会社が紹介してくれるケースも多いため、物件を問合せる際に相談してみるのも手です。

物件の選び方について 

資金をうまく活用できるかは、太陽光発電運用の可否を握っています。

太陽光発電の成功の可否を握っているのは、物件の選び方も同じでしょう。

優良物件の条件を押さえることで、高価な買い物でも失敗の確率は極めて低くなります。ぜひポイントを押さえておいてください。

また、物件購入にあたって頼りなる、分譲太陽光発電の優良仲介業者についてもリサーチ。

掲載されている物件の数や、利回り表記のわかりやすさ、売電シミュレーションの有無など、仲介業者を選ぶ際にチェックしておきたいポイントをばっちりまとめています。

分譲太陽光発電投資に興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

評判の高い分譲太陽光発電の仲介業者3選を見る>>

分譲型太陽光発電の販売
会社お薦め3社

クラベール

クラベール公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●購入・売却仲介までワンストップ対応
●実績豊富で、スタッフの提案力も◎
●口コミでは高品質・低価格と評判
公式サイトで詳しく>>

リンクス

リンクス公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●太陽光設計士のコンサルタントが在籍
●会計士やFPと連携して投資を支援
●中立的な立場からの丁寧な助言に定評
公式サイトで詳しく>>

ソルセル

ソルセル公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●関連会社にパネルメーカーがある
●独自ルートから豊富な物件を用意
●会員登録すれば非公開情報を随時配信
公式サイトで詳しく>>